インターカジノJPからインターカジノに登録して入金不要ボーナス30ドルをゲット!

子供にも大人にも喜ばれる、家庭用料理レシピをご紹介します。ほっとするようなオーブン料理、体が温まる鍋料理、手早くできる炒め物など、簡単にできる夕食をご紹介します。

ソーセージとマッシュルームのラグー

材料

– オリーブオイル 大さじ2

– にんじん千切り 1本 

– 青ねぎみじんぎり 3本 

– おろしニンニク 2個 

– マッシュルーム(みじん切りまたはすりおろし) ひとつかみ強

– 乾燥オレガノ 小さじ1

– フェンネルシード 小さじ1

– ポークソーセージ(皮をとったもの) 6本

– トマトみじん切り 400g 

– トマトケチャップ 大さじ1 

– マッシュポテト/スパゲッティ/クスクス

ステップ1

中程度の大きさの鍋に油を熱し、野菜、赤玉ねぎ、クローブ、しいたけ、オレガノ、コリアンダーを加え、塩・こしょうをする。オーブンで5分加熱する。

ステップ2

半分にしたソーセージそれぞれに焼き色がつくまで炒め、刻んだトマト、ケチャップ、塩少々、水100mlを加える。弱火にして蓋をし、時々かき混ぜながらソースにとろみがつくまで約20分煮込む。塩・コショウで味付けし、マッシュポテト、スパゲッティ、クスクスなどにかける。

サーモンとエンドウ豆のパスタ

材料

– 全粒粉のフジッリ 240g

– バター 1個

– エシャロットみじん切り(大) 1個

– 冷凍エンドウ豆 140g

– サーモンの切り身(皮を剥いて食べやすい大きさにカットしておく) 2枚

– 低脂肪クレームフレーシュ 140g

– 減塩ベジタブルスープの素 1/2個

– 刻みチャイブ(小) 1束

ステップ1 

鍋に水を入れて沸騰させ、フジッリを入れてパッケージの指示通りに調理する。

ステップ2

 別のフライパンでバター1個を溶かし、エシャロットを加えて約5分、柔らかくなるまで煮込む。

ステップ3 

ボウルにエンドウ豆、サーモン、生クリーム、水50mlを入れて混ぜる。スープの素は砕いておく。

ステップ4 

鶏肉にが通るまで3~4分加熱し、チャイブと黒コショウ少々を加える。その後パスタをソースに絡め、ボウルに盛り付ける。

ファジータ風パスタ

材料

– オリーブオイル 大さじ2

– 鶏胸肉(皮なし)短冊切り 2枚

– 玉ねぎ薄切り 1個

– 赤ピーマン(種を取り、スライス) 1個

– 黄ピーマン(種を取り、スライス) 1個

– 潰したニンニク 1片

– チリパウダー 小さじ 1/4

– スモークパプリカ 小さじ1

– ドライオレガノ 小さじ1/2

– 挽いたコリアンダー 小さじ1

– すり潰したクミン 小さじ1/2

– トマトピューレ 大さじ3

– ダブルクリーム 80ml

– パスタ(ペンネまたはリガトーニ) 350g

– みじん切りにしたパセリ 小1/2束

– おろしたパルメザンチーズ(またはチェダーチーズ) 適量

ステップ1:

フライパン(または大きめの浅いキャセロール)に油をひき、火をつける。中火で5分、鶏肉が全体的に茶色くなるまで加熱する。フライパンから取り出し、皿にとっておく。

ステップ2:

同じフライパンで玉ねぎとピーマンを中火で8~10分炒める。にんにく、ドライハーブ、スパイスを加えてから1分ほど煮込む。トマトピューレを加えてから2分間加熱する。鶏肉をフライパンに戻し、クリームを滑らかになるまで泡立ててから加える。

ステップ3: 

パスタをパッケージの指示通りに茹で、150mlの茹で汁を取っておき、湯切りをする。パスタと茹で汁50mlをフライパンに加え、中火で加熱しながら混ぜ合わせる。必要に応じて茹で汁を少しずつ足してほぐす。パセリを加え、塩・コショウで味を調える。6つのお皿に分けて、お好みでチーズと刻んだパセリをのせる。お弁当箱に入れて冷やして食べてもよい。